天気予報

31

25

みん経トピックス

小野田で手作り雑貨イベント山口で「地域交流マルシェ」

宇部のコミュニティーFMで「新有権者座談会」 現役高校生、選挙テーマに

宇部のコミュニティーFMで「新有権者座談会」 現役高校生、選挙テーマに

選挙についてトークを展開する現役高校生

写真を拡大 地図を拡大

 宇部のコミュニティーFM「エフエムきらら」(宇部市新天町1)で2月5日、特別番組「新有権者座談会 18歳になったら!」が放送された。

現役高校生が選挙への思いを議論

 これから選挙権を手にする市内の高校2年生3人をゲストに迎え、選挙や政治についてのトークをスタジオからの生放送で展開した同番組。主催は、宇部市選挙管理委員会(常盤町1)と宇部市明るい選挙推進協議会(常盤町1)。

 出演したのは、宇部工業高等専門学校の島田翔さん(17)、宇部フロンティア大学付属香川高校の前田凌志さん(17)、慶進高校の川元桃香さん(16)。選挙権年齢は今夏の参議院議員選挙から18歳以上に引き下げられ、島田さんと前田さんは初めて選挙権を手にする。

 選挙権の引き下げについて、全員が「とても驚いた、実感がない」と口をそろえた。宇部市の投票率が40%台まで落ち込んでいることに触れ、「マニフェストなどの情報が手軽に入ってこないのでは」(前田さん)、「政治は勝手に動いているようで興味が薄いのでは」(川元さん)と議論を重ねた。

 若い層の投票率が特に低いことについて「若者の意見が政治に反映されていないはず」(前田さん)、「未来を担う僕たちの世代こそ、政治に関心を持つべき」(島田さん)とディスカッションを展開した。

 放送を終え、「選挙について考える機会になった。投票には必ず行きたい」と島田さん。前田さんは「日々勉強に部活にとあるが、自分なりに情報収集して投票したい」、川元さんは「以前より関心が持てた。若者向けのマニフェストには注目したい」と話した。

 有権者の政治や選挙に対する関心を高めることを目的にした同番組。市選管の大井義之さんは「市民の皆さんが投票所に足を運ぶきっかけになれば」と期待を寄せる。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

宇部ときわ公園で開催する「呼応する森」の様子。ときわ湖水ホール付近の森の木々92本をLEDでライトアップする同デジタルアート作品。人が通るたびに光の色は変化し、同時に涼しげな電子音が鳴り響く。同作品を手掛けたチームラボの猪子寿之社長は「自然豊かな公園の一部をそのまま生かしたアートで、木々と光、音、そして来場する人々で出来上がる。来場者の人数によっても雰囲気が変わる」と話す。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング