天気予報

28

23

みん経トピックス

宇部のよさこいが記念公演宇部「ときわ動物園」開園

宇部・西岐波に台湾料理店「満盛」 ボリューム感売りに、180種類提供

宇部・西岐波に台湾料理店「満盛」 ボリューム感売りに、180種類提供

宇部・西岐波の国道沿いにオープンした「満盛」

写真を拡大 地図を拡大

 宇部・西岐波に3月14日、台湾料理店「満盛」(宇部市西岐波柳ヶ瀬、TEL 0836-51-6886)がオープンした。

台湾風にした「満盛」の店内

 国道190号沿いの飲食店跡に開いた同店は、山陽小野田・埴生で台湾料理店「萬盛」を展開する「満盛」(埴生西糸根)が出店。店舗面積は約50坪、席数は70席。ボリューム感とメニューの豊富さを売りにする。

 出店のきっかけについて、「埴生の店舗には山陽小野田市内や下関からの来店もあるが、宇部からのお客さまが多い。宇部エリアのお客さまに、より近い店として利用してもらいたいと考えた」と劉彩霞(リュウ・ツァイシャ)社長。

 メニューは、「台湾風鶏肉の鉄板焼き」(730円)や「台湾ラーメン」(380円)、「フカヒレサラダ」(630円)や「若鶏の空揚げ」(580円)、「棒棒鶏(バンバンジー)」(480円)など、一品料理や麺類を中心に幅広く約180種類を提供する。

 「油淋鶏(ユーリンチー)定食」(980円)や「回鍋肉(ホイコーロー)定食」「青椒肉絲(チンジャオロース)定食」(以上880円)など、メーンのほかに6品が付く定食も21種類用意する。

 「3年半ほど前にオープンした埴生の店舗は、週末の家族連れを中心とするお客さまで、おかげさまでにぎわいを見せている。この店でもお客さまへの気遣いや心配りを忘れず、繁盛店を目指したい」と劉社長。

 営業時間は11時~14時30分、17時~23時。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

宇部のレストラン「サンマルノ」が提供する「復刻スイーツ」。同商品は、戦後に宇部で菓子教室を開いていたキリスト教ルーテル派牧師の妻、エロイス・デールさんのレシピを基に作る3種類の焼き菓子をパッケージしたもの。同店の3周年を記念し、来客へのプレゼントとして作られ、6月16日からは店頭で販売を行っている。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング