天気予報

28

19

みん経トピックス

文化センター

田んぼで「ワードロカップ」宇部の街で大型街コン

宇部のピアノバーで初の寄席-高座に落語家、本職は現役住職

  • 0
宇部のピアノバーで初の寄席-高座に落語家、本職は現役住職

初の寄席を開催するピアノバーステラ店主の小河原勝さん

写真を拡大 地図を拡大

 宇部郵便局近くのピアノバー「piano inn steLLa(ピアノ・イン・ステラ)」(宇部市常盤町2、TEL 0836-35-3088)で3月28日、地元落語家による「寄席」が行われる。

現役住職の顔を持つカンチューハイ角照さん

 ジャズやクラシックなどの音楽ライブを開いている同店初の試みとなる寄席。スタイルにとらわれない落語を披露している宇部出身の落語家「カンチューハイ角照(カクテル)」さんと、新たなジャンルのイベントを企画したいという店主・小河原勝さんとの意向が一致し、イベントが実現する。

 現役住職の顔を持つカンチューハイさん。当日は約30分の落語2席を披露する予定。

 開催に当たり、「最も悩んだのが高座のセッティング」と小河原さん。「ピアノの上という訳にはいかず(笑)、ちょうどいいサイズの机をよそから借りてくる」と話す。

 2010年11月にオープンした同店。小河原さんは「音楽以外のイベントは初めて。初めは月に一度だったライブも、最近では週に一度開催できるようになった。今後も、さらにいろいろなジャンルのライブを企画していきたい」と話す。

 開演は19時。料金は2,000円(ワンドリンク付き)。定員は先着25人。事前の予約が必要。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

店内には暖色の壁紙や蛍光灯を使い、落ち着いて和むことができる空間を演出。視覚や嗅覚でも楽しめるよう、天ぷらはカウンターキッチンで揚げて提供する。「私は田舎育ちなので、自然に囲まれた厚狭の素朴さに引かれた。地域の人に親しみを感じてもらえるよう努めたい」と矢野さん。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング