暮らす・働く

宇部に「子どもすくすくネットワーク」-子育て中親子に集いの場提供

「子どもと家族が気軽に集える場にしたい」と岡崎さん

「子どもと家族が気軽に集える場にしたい」と岡崎さん

  •  
  •  

 宇部中心街に子育て中の親子の集いの場「うべ子どもすくすくネットワーク」(宇部市常盤町1、TEL 0836-39-6332)がオープンして1カ月がたった。

子どもの遊具を豊富にそろえる室内の様子

 子育て中の親子の集いの場と子育て情報の提供・発信を目的に、宇部井筒屋横のビル2階に7月1日にオープンした同施設。約25坪の室内には、子どもの遊具や絵本などを設けるほか、親同士が談話できるスペースや授乳室、ベビーベッドも用意。自由に入退室することができるオープンスペースとして開放している。

[広告]

 同施設を開いたのは、宇部在住で自身も9歳と6歳の娘を子育て中の岡崎啓子さん。自らの子育て経験から「子育て中は不安なことや疑問に思うことも多く、ストレスをためこみがち。気軽に子育て中の親同士、家族同士が交流できる場が必要だが、宇部には、子育てサークルではない日常的に気軽に立ち寄れる場がない。子育て家族の交流拠点を作りたい」との思いから地元企業の支援を受けて開いた。

 オープンからこれまで、20~40代の母と0~5歳の未就学児の子どもを中心に、1日平均45人前後、多い日には60人を超える親子の利用があるという。宇部市内を中心に山陽小野田や山口・小郡など近隣から訪れる人もあり、任意で募っている利用者登録(無料)には1カ月間で「予想を上回る」約220家族の登録があった。

 様子について、「とても和気あいあいとした雰囲気で、けがもなく日々開くことができている。『こんな場所が欲しかった』『話せて楽になった』というお母さんからの声もあり、需要の高さを感じている」と岡崎さん。

 「弁当などの持ち込みも可能で、コーヒーや紅茶などのドリンクも自由に利用できるようにそろえている。おむつ替えや授乳だけの利用でも気軽に立ち寄ってもらえたら。今後は講座などのイベントや会報の発行なども積極的に行っていく。子育て世代と地域がつながる温かい場所にできれば」と笑顔を見せる。

 開館時間は10時~16時。土曜・日曜・祝日定休(月に1度土日を開館し翌週の月曜・火曜定休、ホームページで告知する)。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ