天気予報

28

19

みん経トピックス

文化センター

山口で「創業成功者」が講演山陽小野田に家庭料理店

山口宇部空港で「夜の航空教室」 JALの地域貢献活動、コックピット見学も

山口宇部空港で「夜の航空教室」 JALの地域貢献活動、コックピット見学も

整備士から航空機の仕組みを聞く参加者

写真を拡大 地図を拡大

 山口宇部空港(宇部市沖宇部)で8月25日、日本航空(JAL)による「夜の航空教室」が行われた。

誘導員の動きを見守る参加者

 子どもたちに夏休みの思い出づくりをしてもらおうと、JALが地域貢献活動の一環で毎年実施する同イベント。搭乗手続きや手荷物検査の体験のほか、普段は入れない駐機場で航空機を間近に見たり、機内でコックピットを見学したりする。

 6回目となる今回は親子16組34人が参加。同空港に20時に集合した参加者は、模擬チケットを受け取ってチェックインした後、駐機場に降りてJALの最終便が着陸してから定位置に駐機するまでの一部始終を誘導員の後ろから見学した。

 その後、到着したボーイング737-800機のそばまで行き、航空機の仕組みを整備士から学んだほか、機長やCAに直接質問して空の仕事についての理解を深めた。最後は機内に入ってコックピットを見学したり、機内アナウンスを体験したりして、約2時間の特別体験を終えた。

 千葉県松戸市から帰省中で叔父と参加した小学1年の澤田侑駿くんは「飛行機が近づいて来るときにすごい音がした。近くで見られて楽しかった」と笑顔を見せた。山陽小野田市の高千帆小3年の田辺遼太朗くんは「コックピットにボタンやスイッチがたくさんあって、それをたった2人で操作していると聞いてすごいと思った」と興奮気味に話した。

 JAL山口支店の武知眞一支店長は「空港関係者の協力もあり、6年目を迎えた人気企画。普段は見られない場所を開示し、整備士たちは参加者を楽しませるために手製のテキストまで用意している。子どもたちの夏の思い出となり、現場の様子を身近に感じた経験がエアラインの道へ進むきっかけにもなれば」と話す。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

山口の「おいでマルシェ」は生産者参加型のマルシェイベント。10月から場所を中央公園に変更し、規模を拡大する。毎月第1日曜開催で、旬の野菜やフードなどを提供する。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング