暮らす・働く

NHK紅白歌合戦に宇部発「プロビジョンギター」愛用バンド「シシャモ」初出場へ

「プロビジョンギター」の工房では職人が手作業で製作を行う

「プロビジョンギター」の工房では職人が手作業で製作を行う

  •  

 宇部の楽器メーカー「プロビジョンギター」(宇部市西岐波、TEL 0836-54-0278)製のギターとベースを愛用するバンド「SHISHAMO(シシャモ)」が「NHK紅白歌合戦」に登場する。

有名アーティストが使うギターを製作する宮久社長

 オーダーメードのエレクトリックギターやエレクトリックベースを手掛ける同社。利用客のこだわりに対応する技術力や品質が評価され、同社製の楽器は音楽業界の第一線で活躍するシンガー・ソングライターやギタリスト、音楽プロデューサーなどに使われているという。

[広告]

 今年のNHK紅白歌合戦に初出場する「シシャモ」も同社製のギターとベースを愛用している。同番組で演奏予定の楽曲「明日も」のMVや、日本武道館で今春行われたライブなどでも使っており、大みそかの大舞台で宇部発の楽器の登場を、地元関係者たちが心待ちにしている。楽器のヘッド部分には同社のロゴが刻まれているという。

 宮久和之社長は「機材スタッフの紹介を受けて、シシャモには2012年のデビュー時から当社の楽器を使ってもらっている。高い演奏技術を持っているので、今の活躍ぶりはうれしい」と話す。

 「音楽業界での口コミが広がり、アーティストや機材スタッフからの発注が増え、『唯一無二のマイギターを持ちたい』と一般客からの依頼もある。これからさらにブランドの認知度を上げていきたい」と意欲を見せる。