見る・遊ぶ

桜名所・宇部ときわ公園で桜が開花 昨年より5日早く、シーズン突入へ

遊園地内で 開花した桜

遊園地内で 開花した桜

  •  
  •  

 桜の名所・宇部ときわ公園(宇部市則定3)で3月25日、桜の開花が始まった。

湖水ホール横の「桜山」は開花直前

 園内に3500本の桜が植えられ、「日本さくら名所100選」に選ばれている同園。今年は昨年よりも5日早く、遊園地内のアトラクション「バッテリーカー」横の木で開花が確認された。

[広告]

 ほかにも園内で少しずつ開花が見受けられる。湖水ホール横の「桜山」は、開花を目前にした蕾(つぼみ)が目立ち、桜の木全体が淡いピンク色に染まってきている。満開の予想は「4月の1週目になるのでは」と同園管理課担当者。

 現在、桜シーズンに合わせて「春らんまん!さくらキャンペーン」を実施している。桜のライトアップは、「桜山」と周辺の桜並木のほか、これまではちょうちんを設けていた「噴水池」のエリアも行う。ライトアップ時間は18時30分~22時。4月8日まで。

 4月1日には、期間中の目玉イベントとして毎年恒例の「さくらまつり」を開催。地元園児や吹奏楽団のパフォーマンスなどステージイベントを中心に、地元飲食店による「屋台村」や洋菓子店による桜スイーツの販売、伊藤園とコラボしたブース出店などを行う。

 同園担当者は「桜の開花とタイミングを合わせるように、この週末にも多くの来園があった。多くの方に来園いただき、昼と夜と異なる表情を見せる桜を楽しんでもらえれば」と話す。

SmartNews Awards 2019