見る・遊ぶ

宇部の「くすのきカントリーマラソン」 今年はオンラインで実施、GPSで完走計測

参加を呼び掛ける宇部市文化・スポーツ振興課の井上浩之さん(左)・三隅英季佳さん(右)

参加を呼び掛ける宇部市文化・スポーツ振興課の井上浩之さん(左)・三隅英季佳さん(右)

  • 25

  •  

 宇部市は2月27日から、オンラインマラソン「くすのきカントリーマラソンONLINE2021」を開催する。現在、参加者を募集している。

贈呈される宇部市の特産品

 3月に開催を予定していた「第17回くすのきカントリーマラソン」の代替大会で、3月26日までオンラインで行う。参加者は距離測定アプリ「TATTA」をスマートフォンなどにダウンロードし、GPS計測を行いながらランニングし、期間中に累積走行距離42.195キロ以上走行した人を完走者とみなす。走るコースは、日本全国どこでもよく、タイムなどによる順位付けは行わない。

[広告]

 宇部市観光シティプロモーション推進部文化・スポーツ推進課の井上浩之スポーツ振興係長は、「今回は、さまざまな工夫を行ってコロナ禍にも対応できる形でのマラソン大会を開催することになった。期間中、毎日2キロ弱ずつ継続して走れば完走できるので、ランニングを趣味としている方はもちろん、運動不足やストレスを解消したい人のきっかけづくりにもなると思う。すでに600人を超える申し込みがあり、申込期限も迫っているので、早めにエントリーしていただければ」と話す。

 参加賞として、公式リザルトによるレース動画生成サービス「.finisher」専用ムービー、ランニングポーチを予定。特典として、完走者の中から抽選で250人に宇部市の特産品などを贈呈する。

 申し込みは、ウェブサイト「RUNNET(ランネット)」で受け付け、定員の1000人に達した時点で締め切る(達しない場合は2月16日締め切り)。参加料は1,900円(手数料別)。問い合わせは、くすのきカントリーマラソン実行委員会(宇部市観光・シティプロモーション推進部文化・スポーツ推進課内、TEL 0836-32-9600)まで。