学ぶ・知る

新山口で「クリエイター発掘・支援」イベント 地元の魅力再発見と発信目指す

「リシンク クリエーター プロジェクト」山口セミナーの様子

「リシンク クリエーター プロジェクト」山口セミナーの様子

  • 8

  •  

 地元クリエイターを発掘・支援するイベント「Rethink Creator Project(リシンク クリエーター プロジェクト)」が6月30日、新山口の産業交流スペース「Megriba(メグリバ)」(山口市小郡令和1)で開かれた。

山口の「ちょうちん祭り」の写真で完成したポスター

[広告]

 「クリエイターの地産地消」をコンセプトに、「地元を誰かに任せない」とキャッチコピーに掲げる同プロジェクト。主催は、全国のクリエイターの育成や仕事のマッチングを手掛けるリエイターズマッチ(東京都渋谷区)で、日本たばこ産業(JT)とのコラボで実施する。

 4年目となる今年は、6月2日の徳島会場を皮切りに全国17地域で実施。山口会場での実施は、山口県と山口市が後援した。

 当日は、ハイブリット形式でイベントを実施し、リアルで17人、オンライン配信で35人が参加。講師には山口市のクリエイター・大草快貴さんと鳥取県米子市の亀井智子さんが登壇した。「視点を変えて考える」方法などを学んだ後、山口市の「ちょうちん祭り」と長門市内の漁港の写真にキャッチコピーを付け、アフターコロナを見据えた地元の魅力を再発見するポスターに仕上げた。

 大草さんは「いつも当たり前だと思っていることも、他の誰かからすると違う価値になる。固定観念に縛られずに考えて見てみることがリシンク。視点を変えて見ると、誰かに届けることができる」と話す。

 クリエイターズマッチの呉社長は「クリエイターの育成には15年前から取り組んでいるが、やはり地元の魅力は地元の人が一番よく知っている。魅力を発信できる人を地元に増やすことで、各地を『行きたくなる場所』にすることがミッション。山口でも輪を広げていければ」と話す。

ピックアップ

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース