見る・遊ぶ

山陽小野田で「ひまわり写真展」 花の海に78点展示、イチジクのスイーツ販売も

約80点の応募作品を展示している「ひまわり写真展」

約80点の応募作品を展示している「ひまわり写真展」

  • 1

  •  

 季節体験農場「花の海」(山陽小野田市埴生)で現在、「ひまわり写真展」が開催されている。

ひまわり畑の写真が並ぶ会場

[広告]

 同農場のひまわり畑を撮影した写真を展示する同展は今年で10回目。今回はニックネームでの応募やインスタグラムでの応募も可能とし、78点の応募があった。会場では9月30日まで、来場者による人気投票も行う。

 総合交流部の北村千咲樹さんは「今年はすべての写真を額縁に入れて展示し、応募した方にも喜んでもらえるように工夫した。お子さんを含めた写真や一輪に注目した写真など、さまざまな作品があって楽しめる。夏の思い出にひたってもらえれば」と話す。

 今年は過去最多となる100万本のひまわりを準備したが、台風や長雨の影響などで見頃が短くなったほか、集客が見込める盆時期に悪天候が続いたことも影響し、来場者数は例年より2割程度減少した。

 総合交流部の金子陽平部長は「雨の影響でひまわりが倒れてしまい、きれいな状態を保(たも)てなかった。土地を拡張して準備してきたので非常に残念だが、10月上旬にはコスモス畑を楽しんでもらえるように準備をしている。楽しみにしてもらえれば。写真展できれいなひまわりをもう一度楽しんでほしい」と話す。

 同農場では旬の食材を使ったメニューの提供にも力を入れており、現在は地元農家とコラボした「イチジク」のスイーツを販売している。ラインアップは、「いちじくソーダ」(400円)、「いちじくソフト」(500円)、「いちじくクリームサンド」(250円)など。野菜売り場では農家直送のイチジクも販売する。

 開催時間は10時~17時(土曜・日曜・祝日=9時30分~)。

ピックアップ

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース