天気予報

28

19

みん経トピックス

文化センター

山経1位は「ビックカメラ」白衣の貧乏大学院生、山口に

「大内のおとのさま石鹸」-お茶販売会社が男性用ボディーせっけん

  • 0
「大内のおとのさま石鹸」-お茶販売会社が男性用ボディーせっけん

ゴツゴツした手作りせっけん。「大内のおとのさま」をイメージしたイラストを使用

写真を拡大 地図を拡大

 山口・大内御堀の「大内茶園 美緑工房」(山口市大内御堀、TEL 083-923-7002)は7月1日、男性用ボディーせっけん「大内のおとのさま石鹸」の販売を開始した。

 同商品は、「やまぐち小野茶」のお茶成分と山口・湯田温泉の温泉水を使用した手作りせっけんで、無添加・自然素材で作られている。お茶に含まれるカテキン成分には消臭作用があることから、デオドラント効果も期待し、男性用ボディーせっけんとして売り出した。

 パッケージには、地元山口を代表して「大内のおとのさま」のイラストを使用。武士の風流で身だしなみを大事にする精神面を前面に出したという。

 「やまぐち小野茶」の販売を手掛ける同社の高津眞二社長が、お茶を使って地元に特化した商品ができないかと手作りせっけんの販売を思いつき、1年前から開発を進めた。試作品を作るのに時間がかかるため、納得できるせっけんができるまで苦労が続いたという。

 同社長は「今後はネット販売だけでなく、湯田温泉の旅館などでも販売したい。体のにおいが気になるお父さんにプレゼントすることで、デオドラントに対する意識を持つきっかけになれば」と話す。

 価格は、40グラム=1,480円、60グラム=1,980円、5グラム(お試しサイズ)=300円。そのほか、男性用洗顔せっけん、女性用洗顔せっけんの販売も同時に開始した。同社ホームページで販売する。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

店内には暖色の壁紙や蛍光灯を使い、落ち着いて和むことができる空間を演出。視覚や嗅覚でも楽しめるよう、天ぷらはカウンターキッチンで揚げて提供する。「私は田舎育ちなので、自然に囲まれた厚狭の素朴さに引かれた。地域の人に親しみを感じてもらえるよう努めたい」と矢野さん。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング