学ぶ・知る

宇部の食堂が「電動スクーター」販売-店頭で試乗も

電動スクーターの販売を始めた同店店主の植木さん

電動スクーターの販売を始めた同店店主の植木さん

  •  
  •  

 宇部・中央町の食堂「おかげさまII(ツー)」(宇部市中央町2、TEL 0836-21-3879)が今月、電動スクーターの販売を始めた。

 大盛りメニュー「重ねカツ丼」で話題を集めている同店。食堂でスクーターを販売することについて、店主の植木さんは「食堂だからといって食べ物しか提供しないことはない(笑)」と話す。

[広告]

 販売するのは「オートトレーディングルフトジャパン」(本社=愛知県名古屋市)が昨年12月に発売した電動スクーター「AT-ES1」。家庭用の100Vコンセントからの充電が可能で、8時間の充電で最大走行距離は45キロ以上。ガソリンを一切使わないためCO2を排出しないエコ商品。価格は9万8,000円。

 自動車販売業に携わっていた経歴を持つ植木さん。知人に同商品を紹介されて興味を持ち、店頭で販売しようと代理店契約を結んだ。「これからはエコの時代。多くの人に関心を寄せてもらいたい」と植木さん。「乗り心地がとても良く、エンジン音がないので静かに走れて快適。これまで出前はしていなかったが、これを機に出前を始めたくなってきた」とも。

 今後については、「大学の生協などの需要がありそうな所にアプローチしていきたい」と意気込む。事前に連絡をすれば同店での試乗も可能。

  • はてなブックマークに追加