食べる

宇部・厚南の居酒屋「和飲蔵」が改装-10周年を機に洋風メニューも

洋風に改装した店内の様子

洋風に改装した店内の様子

  •  
  •  

 宇部・厚南の居酒屋「和飲蔵七十一(わいんぐら)」(宇部市東須恵、TEL 0836-44-9571)が7月11日、リニューアルオープンした。

場所はゆめタウン宇部店近く

 和食メニューを中心に、2003年9月にオープンした同店。今回のリニューアルは、オープンから10年の節目を機に店舗の修繕と「リフレッシュするため」(店主の表川健一さん)に行ったもの。6月上旬から約1カ月かけて改装した。

[広告]

 店舗面積は約23坪。席数はカウンター14席、テーブル席18席。店内はテーブルや椅子、照明を新調して床を貼り替え洋風の「ビストロのような雰囲気」に仕上げたほか、これまでメーンに提供してきた和食メニューに加え、洋風メニューも増やして幅を広げた。

 メニューは、新装に合わせて定番メニューとして用意した「牛モツの赤ワイン煮込み」(990円)や「レバーパテ」(600円)、パスタ「ペンネゴルゴンソーラ」(1,420円)などのほか、刺し身や「イワシ大葉包み天ぷら」(760円)、「海鮮生春巻き」(780円)などの魚料理をこれまで同様に日替わりで提供。リニューアル前に提供していた8割のメニューはそのままに、和洋幅広く約120種類を用意する。

 ドリンクメニューは、表川さんがソムリエの資格を持つことからワインメニューを10種類増やし、30種類を用意。そのほか、ビール(590円)や日本酒(500円)、酎ハイ(460円)など約90種類をそろえる。客単価は5,000円前後。

 「ワインや日本酒、焼酎など、どのドリンクにも合う料理を目指している。特に野菜や魚介類などは、その日の仕入れにより旬の新鮮なものをお出ししている」と表川さん。「オープンから10年、周辺にチェーン居酒屋もオープンしたが、常連の方々にご愛顧いただき安定して営業することができた。これからも老若男女のお客さまに愛される店にしていきたい」と意気込みを新たにする。

 営業時間は17時30分~翌1時。火曜定休。

  • はてなブックマークに追加