食べる

宇部・新川の喫茶店「フレンド」が刷新 代替わりでダイニングスタイルに

JR宇部新川駅ほど近くの「フレンド」

JR宇部新川駅ほど近くの「フレンド」

  •  

 宇部・新川で喫茶店として営業してきた「フレンド」(宇部市松島町、TEL 0836-34-2332)が5月1日、リニューアルオープンしてダイニングスタイルでの営業を開始した。

ブラウンを基調にした店内

 これまで約30年近く喫茶店として営業してきた同店。今回の刷新は代替わりによるもので、新しくオーナーになった國村陸朗さんが叔母から受け継ぎ業態を変更。喫茶店時代から行ってきたモーニングの提供は変わらずに続けるほか、ランチ営業も行う。

[広告]

 店舗面積は約18坪。カウンター4席、テーブル席27席。店内は全面的に改装し、レトロな雰囲気からブラウンを多く使った空間に仕上げた。

 メニューは、11時30分まで提供するモーニングの「トースト(コーヒー・サラダ付き)」、「和食」(600円)やランチタイムに提供する「日替わり定食」(700円)、「ピラフ」(600円)や「ナポリタン」(650円)などを用意。

 ディナータイムには、牛肉を使ったメニューをメーンに提供。「タンしゃぶ」とセルフで焼く「牛タン焼き」(以上700円)、「カルビ焼き」(980円)を前面に、「ハラミステーキ」(900円)や「プルコギ鉄板」(880円)など約50種類を提供する。ランチタイムの客単価は800円前後、ディナータイムには3,500円~4,500円を想定する。

 「モーニングを続けるかどうかも考えたが、長年通ってくださるファンの方の顔が浮かんで続けることに決めた。店名もそのまま受け継いだ」と國村さん。「40代~60代がコアターゲットだが、モーニング・ランチ・ディナーとそれぞれの利用シーンでも誰でも気軽に来られる店を目指したい」とも。

 営業時間は、8時~15時、18時~23時30分。日曜定休。