食べる

宇部・上宇部の居酒屋「せと」が15周年 夫婦で切り盛り、「釣り魚料理」提供

家庭的な雰囲気の「せと」の店内

家庭的な雰囲気の「せと」の店内

  •  
  •  

 宇部・上宇部の居酒屋「山海料理 せと」(宇部市山門4、TEL 0836-31-1917)が7月3日、15周年を迎えた。

宇部高校近くの「せと」外観

 宇部高校ほど近くに2001年にオープンした同店。それまで長年、飲食業界を経験してきた下松市出身の瀬戸﨑浩さんが、妻の裕子さんとIターンして開業。「アットホームな雰囲気」と地元の魚を使った料理を売りに、夫婦二人三脚で歩んできた。

[広告]

 テーブル席24席の店内では、浩さんが自ら釣る新鮮な魚を使った料理をメインに提供。当初は「普通の居酒屋だった」(浩さん)が、釣り好きが高じたことからオープンから3年後には所有する船で朝5時に出航し、その日のランチタイムには朝釣った魚を使った料理を提供している。

 メニューは、日替わりの刺し身(850円~)や「真鯛の磯部揚げ」(900円)、「ナスのみそチーズ焼き」(650円)、「スズキのおつまみ天ぷら」(850円)など約50種類を用意。週3日営業するランチタイムには、釜飯をメインに刺し身や天ぷらなど8品が付く「釜飯スペシャル」(1,800円)や前菜やサラダが付く「釜飯ランチ」(1,200円)などを提供する。

 15年間を振り返り「ここまで続けることができ感謝しかない。近隣の方々をはじめ、多くの常連さんに支えられてきた」と浩さん。裕子さんは「気がついたら15年たっていたという感覚。いまだに繁閑の波が読めないところに厳しさも感じるが、家族で入学祝いをしていた子がお父さんとお酒を飲みに来てくれるなど、お客さまの成長も見ることができてとてもうれしい」と笑みを見せる。

 今後については「まずは健康に20周年を迎えることが次の目標。私たち自身、茶の間でお客さまをおもてなしする感覚で営業している。これからも、まったりとした空間で知り合いの家にご飯を食べに行く感覚で寄ってもらえれば」と話す。

 営業時間は、11時30分~14時、18時~23時(ランチ営業は水曜・木曜・土曜・日曜)。月曜定休。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ