天気予報

19

12

みん経トピックス

PR

レノファ山口、大宮と初対戦美祢の道の駅がリニューアル

山陽小野田のカフェで「ビブリオバトル」 愛読書持ち寄り書評

山陽小野田のカフェで「ビブリオバトル」 愛読書持ち寄り書評

「親子連れでも参加してもらえたら」と主催者の新保さん

写真を拡大 地図を拡大

 山陽小野田・焼野のカフェ「ハグハグカフェ」(山陽小野田市小野田)で4月28日、「ビブリオバトル」が行われる。

 ビブリオバトルは、参加者が面白いと思った本や愛読書を持ち寄って紹介し合うイベント。当日は1人5分の持ち時間でプレゼンして魅力を伝え、「もっとも読みたくなった本」を投票して決める。

 企画したのは、宇部を中心に県内でイベント企画などを手掛ける「むすび家プランニング」(同)の新保保さん。占い師としても活動する新保さんが「短時間でいろいろな本を知ることができれば、世界が広がるはず」と初めて開く。

 新保さんは「日常に追われて何かきっかけがないと本を読まなかったり、いつも同じジャンルの本を選びがちだったりするが、誰かに紹介された本は読みたくなるもの」と話す。

 「ただ紹介するだけではなく、話し手のプレゼン力も問われる。絵本から文学書までジャンルは問わない。いつもの趣向から離れて新たな本の魅力を知ることができる場になれば」とも。

 開催時間は14時~16時で、同店のデザートを食べながら緩やかに進行する。参加者同士での情報交換も行い、「ビブリオバトル」との2部制で実施。親子連れから本好きまで幅広く参加者を募る。参加費1,000円。定員10人。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

レノファの高木大輔選手は、防府市出身の元プロ野球選手・高木豊さんの三男。第11節・新潟戦では次男・善朗選手との「兄弟対決」に臨む。大輔選手は「兄2人は何をするにも先を行く存在で、僕は常にその背中を追いかけていた。どこかで2人を超えられればと思うし、いつまでも尊敬できる兄でいてほしいとも思う」と末っ子の心境を話す
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング