気ままな「変動相場制」の立ち飲みカフェ-ダンススタジオ階下に開く

自由なスタイルで過ごす落ち着いた雰囲気の「man-grove」

自由なスタイルで過ごす落ち着いた雰囲気の「man-grove」

  •  
  •  

 山口・駅通りの今市通りバス停前に4月1日、スタンディングカフェテリア「man-grove(マングローブ)」(山口市駅通り2、TEL 083-920-1492)がオープンした。

 店舗面積は約15坪。スタンディングスタイルがメーンで、店内中央にはテーブル2卓が並ぶほか、いす席も8席設けた。テーブルは可動式で、店内をフリースペースとして使用することもできるようになっている。

[広告]

 同店のシステムは「変動相場制」。店名にちなんで「gro(グロ)」というオリジナル通貨を持ち、1グロ=250円の場合、最初に2,500円で10グロ分の通貨に両替し、オーダーの際にグロで支払う。レートは、オーナーの宇野三津夫さんの気分次第で決まるという。

 フードメニューは、「タコス」(2グロ)、「グラーブラックス(鮭の塩漬け)」(2グロ)、「チキンティッカ(鶏肉のスパイス焼き)」(2グロ)など、南米系のフードメニューが中心。ドリンクは、生ビール(2グロ)、ソフトドリンク(1グロ)などで、ビールやカクテルは外国産のものを中心にそろえている。

 同店は、昨年12月にオープンしたダンスの創作スペース「スタジオイマイチ」の階下にあり、ダンサー仲間である宇野さんが開いた。「スタジオで公演があるときに、ロビー代わりにしたり、終わった後に集まったりできる場所になればと思い、店を開こうと思った」(宇野さん)という。

 宇野さんは「『スタジオイマイチ』に来て『man-grove』のことを知ったり、『man-grove』に来てスタジオのパフォーマンスを知ってもらうなど、互いの相乗効果を狙う。公演があるときはレートが下がったり、店内でもパフォーマンスをしたりと、スタジオの企画との関連性は持たせていく」と話す。5月1日にグランドオープン企画として、オープニングパーティーを企画。同店の料理を無料で振る舞う予定だという。入場自由。

 営業時間は18時~24時。火曜定休。

man-grove(マングローブ)山口・駅通り「スタジオイマイチ」でコンテンポラリーダンス公演(山口経済新聞)山口にカフェ&カジュアルワインバー-「自然体」をテーマに(山口経済新聞)山口に無農薬野菜と地ビール提供のカフェ-「ネパールカレー」も(山口経済新聞)

  • はてなブックマークに追加