暮らす・働く

宇部にピラティススタジオ「グロウ」 教室主宰女性が出店、個人レッスンも

「少しでも健康づくりのお手伝いができたら」と店主の森下麻里さん

「少しでも健康づくりのお手伝いができたら」と店主の森下麻里さん

  • 2

  •  

 ピラティススタジオ「Glow(グロウ)」(宇部市島3、TEL 070-8424-1659)が1月16日、宇部にオープンした。

「グロウ」の店内

 店主は、宇部出身で現在、アクティブテラスきららいず(山口きらら博記念公園内)でピラティス教室を毎週土曜に行っている森下麻里さん。「元々は趣味でヨガをやっていたが、ある時、主人がピラティスに興味を持って夫婦でやり始めたのがきっかけ。誰でも負担なく体幹が鍛えられて健康になれると感じ、幅広い年齢層にニーズがあるのではないかと思った。山口県内に専門店が少ないので出店を決めた」と話す。

[広告]

 場所は「chasitsu(チャシツ)」跡で、店舗面積は約12坪。レッスンは、目的や利用者の状態のほか、体格、生活習慣、体の姿勢などに応じてメニューを作り、講師とマンツーマンで行うプライベートレッスンとグループレッスン(定員3人)を1コマ60分間で行う。入会金は7,000円でチケット制。

 ピラティスは、姿勢を正すことで、肩こりやむくみ、腰痛、疲れやすいなどの不調や体質の改善を目的に行う。リハビリ用ベッドを改良して作られたといわれている機械「リフォーマー」をはじめ、ボール、ストレッチポール、スパインコレクター、フィットネスサークル、マットなどを使用する。

 森下さんは「ピラティスは10回で違いを感じ、20回で見た目が変わり、30回で体の全てが変わるといわれており、継続することが大切。皆さんに楽しく通っていただけるような、続けていきやすい空間づくりを心掛けていきたい」と話す。

 営業時間は9時~21時。日曜・祝日定休。