天気予報

28

22

みん経トピックス

文化センター

宇部で復刻「ダンスフェス」宇部の「かめうら苑」刷新

宇部市野球場が「畑」に オープン戦「ホークス対ジャイアンツ」に向け整備中

宇部市野球場が「畑」に オープン戦「ホークス対ジャイアンツ」に向け整備中

「畑」に様変わりした光景を見せる宇部市野球場

写真を拡大 地図を拡大

 ユーピーアールスタジアム(宇部市野球場、同恩田町4)で2月22日、恒例のグラウンド整備が始まり、グラウンドが「畑」に様変わりしている。

グラウンドにはショベルカーも登場

 シーズンオフに合わせ、年に1度行う大がかりなグラウンド整備。例年は1月中旬に実施するが、3月8日に同球場で5年ぶりにプロ野球1軍の試合が実施されることから、後ろ倒しで行う。

 土を掘り起こし「耕された」光景を見せるグラウンドには、「甲子園球場で使われているものと同じ」(宇部市体育協会の川村啓二さん)約20トンの土を新たに追加。地面を手作業でならして転圧機で固め、マウンドの勾配や状態を整える。

 整備後は一般開放せず、オープン戦「福岡ソフトバンクホークス対読売ジャイアンツ」まで転圧を行い、微調整を繰り返す。

 「オープン戦に向けて、通常よりも土を固めた『プロ野球仕様』のグラウンドにしている。転圧機も例年の2倍ほど稼働させてベストコンディションにする。きれいに生まれ変わるグラウンドを楽しみにしてもらえれば」と川村さん。

 グラウンド整備は今月26日まで。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

美祢の民家カフェ「シエンテ」の「日替わりランチ」(750円)。「食べるピュアスムージー」の提供をメインとする同店では、スムージーに抵抗がある地元民の来店につながるよう、手作りでモーニング・ランチメニューを用意している。ランチは1日10食ほどを提供する(前日までに要予約)。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング