食べる

山陽小野田の洋菓子店「アン・シャーリー」が移転-カフェスペース新設

「アン・シャーリー」店内ショーケースに並ぶ生ケーキ

「アン・シャーリー」店内ショーケースに並ぶ生ケーキ

  •  
  •  

 山陽小野田・公園通りに4月29日、洋菓子店「ANNE SHIRLEY(アン・シャーリー)」(山陽小野田市千代町1、TEL 0836-84-9464)が移転オープンした。

店内に新設されたカフェスペースの様子

 小野田駅前で営業していた同店。以前の店舗には駐車スペースが十分になく、店内も利用客がゆっくりと買い物できなかったことや、スタッフがギフトなどの提案をすることが難しかったことから今回の移転に踏み切った。

[広告]

 店舗面積は約50坪。店内には「季節ごとの新鮮なフルーツを使った」生ケーキ約25種類と焼き菓子約20種類を並べる。「一番人気」は「赤いベリーの練乳ロール」と「たまごロール」(以上1,050円)。そのほか、ベリータルト(380円)、鳴門金時モンブラン「ジョーシー」フルーツが乗ったレアチーズケーキ「アヴォンリー」(以上350円)、チョコレートケーキの「ミニーメイ」(330円)などをそろえる。価格帯は300~500円。

 移転に伴い店内にイートイン用のカフェスペース17席を設けた。オリジナルブレンドの紅茶やコーヒー、カフェオレなどのドリンクメニュー13種類を提供する。ドリンクの価格帯は350円~450円。

 「凝ったものよりもシンプルなお菓子を提供する」という同店オーナーパティシエの岡孝子さん。「お客さまに当店の『とっておきのケーキ』を持っていただき、いつお越しになっても同じ形で同じ味を提供していたい。簡単そうで難しいことだが、頑張っていきたい」と意気込みを見せる。今後カフェスペースを利用してコンサートや講習会なども開き、「地域文化の情報発信の場にしていきたい」という。

 営業時間は10時~19時。

  • はてなブックマークに追加