見る・遊ぶ

安室奈美恵さんにファンの思いを伝えるプロジェクト 山口市中央公園でも

安室奈美恵さんのラッピングトラックの前で撮影するファン

安室奈美恵さんのラッピングトラックの前で撮影するファン

  •  

 安室奈美恵さんにメッセージを届けるプロジェクト「#ALLFOR916」が9月9日、山口市中央公園(中園町7)で開催された。

メッセージカードを手にする地元ファン

 安室さんとゆかりのある有志の企業によるプロジェクトで、2台のキャラバントラックが北海道から沖縄まで約30都市を回り、9月16日に引退する安室さんへのメッセージを集める企画。

[広告]

 全国34カ所目となった同会場。当日、開始時刻の13時には長蛇の列ができ、子ども連れや3世代での来場など多くファンが詰め掛けた。参加者は、メッセージを書いた「ハートカ-ド」を専用ポストに投函(とうかん)し、安室さんのヒットソングが流れる中、ラッピングトラックの前で写真撮影するなどした。

 山口市内から母と娘と参加した長田恵美子さんは、ファン歴約20年。「『ありがとう』を届けたくて参加した。幼い娘が『Hero』を歌うようになり親子で思い出をもらった。最後を見届ける気持ち。これからも安室ちゃんの言葉を胸に私も自分を貫きたい」と笑顔を見せる。

 安室さんのヘアスタイルで参加した蔵田真裕子さんと高野由紀さんは「『CAN YOU CELEBRATE?』でファンになり、毎年1回ライブで会えることが本当に楽しみだった。引退を知ったときはショックだったが、これからも大好きなままでいる。ありがとうの一言」と引退を惜しんだ。

 集められたハートカードは、今月16日に沖縄県宜野湾市で行われる引退前夜祭イベント「WE LOVE NAMIE HANABI SHOW」で展示された後、安室さん本人に届けられる。

ピックアップ

ピックアップ