食べる

1日1000個売れる「じゃんぼいちご大福」 宇部の和菓子店で今季も限定販売

毎年大人気。若狭屋の「じゃんぼいちご大福」

毎年大人気。若狭屋の「じゃんぼいちご大福」

  •  
  •  

 宇部・西岐波の和菓子店「若狭屋」(宇部市西岐波、TEL 0836-51-9301)が毎年冬に販売する「じゃんぼいちご大福」が、今年も話題を呼んでいる。

4Lサイズのイチゴを使う「じゃんぼいちご大福」

 通常のイチゴのおよそ2倍を超える38グラム以上(4Lサイズ)のイチゴが入荷したときのみ販売する同商品。今季は12月下旬から少しずつ販売を始めた。今年は夏の猛暑や暖冬の影響でイチゴの生育が遅れたが、「仕入れ先のベテラン農家の技術で何とか間に合わせてもらった」と同店の前田美幸さん。

[広告]

 2010年から販売を開始。通常サイズのいちご大福は30年以上前から提供してきたが、「大きいものが食べたい」という常連客の声を受け、他店よりも大きなものを目指した。口コミで毎年人気を広げ、県外から来店する人も。今年は多いときで1日に約1000個を売り上げるという。「特に年末年始は予約がいっぱいで、昼には完売することもある」と前田さん。

 大福に使うイチゴは熊本県から取り寄せる「さちのか」。去年からは「じゃんぼいちご大福」よりもさらに大きい58グラム以上のイチゴを使う「極(きわみ)」も用意。握りこぶしほどの大きさだが、「大味にならず、しっかりとイチゴのうま味が生きている」と好評。「甘いものが苦手でも『これなら食べられる』という人や、『お酒と一緒に味わう』という人も多い」(前田さん)といい、ファン層も幅広い。

 いちご大福は、黒餡(あん)と白餡の2種類を用意。価格は通常サイズは240円、「じゃんぼ」は360円、「極」は560円。ピークは1月末~2月上旬にかけてと3月上旬を見込み、3月末まで販売する。「特にひな祭りの時期は予約をお勧めする」と前田さん。

 イチゴは毎回重さを量り、「1グラムでも基準に足りないものは採用しない」。つやがあり、傷のないものを厳選し、「腫れ物に触るように扱っている」とも。「イチゴのために店内の温度管理も徹底し、冬でも冷房をつけることもある。従業員はみんな、手が冷たい」と笑顔で商品への愛情を語る。

 営業時間は8時~18時(完売した場合は閉店)。日曜・祝日定休。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ

ピックアップ