見る・遊ぶ

レノファ山口、ホームで町田と対戦へ 6月は負けなし、7月初戦は

天皇杯2回戦の翌日(7月4日)、練習で汗を流す選手たち

天皇杯2回戦の翌日(7月4日)、練習で汗を流す選手たち

  •  
  •  

 サッカーJ2のレノファ山口FCが7月7日、ホームスタジアム「維新みらいふスタジアム」(山口市維新公園4)でFC町田ゼルビアと対戦する。

町田との対戦が「本当に楽しみ」と話す吉濱遼平選手

 レノファは前節、これまで全敗していたアビスパ福岡を相手に4対2で初勝利し、6月を3勝2分の負けなしで終えた。そこから中2日で臨んだ天皇杯2回戦は、FC琉球に2対1で勝利し、公式戦3連勝と調子が上向いている。リーグ戦20試合を終えての成績は6勝5分9敗で、順位は16位。

[広告]

 今節は長いリーグ戦の折り返しとなる前半戦最後の試合で、ホームにJ2昇格同期のライバル・町田を迎える。町田の順位はレノファの1つ上の15位で、勝ち点差はわずか「2」。レノファの三幸秀稔選手は「勝てば順位が入れ替わる。勝って折り返したいし、今の流れを止めたくないので、かなり大事な試合になる」と意気込む。

 町田は、6年目となる相馬直樹監督が率いている。レノファの霜田正浩監督は「町田は監督のやっているサッカーが浸透していて、相手がどこであれ彼らのサッカーをやり、彼らの土俵に相手を引き込むことで良い成績を収めてきたチーム。町田のアイデンティティーと、僕たちのアイデンティティーの戦いになる。後半戦につなげるためにも負けなしの時期を一日でも長く続けたい」と話す。

 当日は、ホーム戦恒例の飲食ブース「グルメガーデン」が登場し、上関町と宇部市がブース出店して特産品をPRする。冠スポンサー「スクエアイノベーション」の企画として、画家・向田秀敏さんの「似顔絵作成会」、フォトアーティストの向田美保さんが撮影した写真展示やポストカードの販売、ハーフタイムのプレゼント企画なども行う。

 イベント開催時間は15時~(ブースや企画によって異なる)。19時キックオフ。

  • はてなブックマークに追加