暮らす・働く

宇部・西岐波にエステサロン「ルウ」 会社員から転身、バストケアに注力

「女性の美と健康をサポートしていきたい」と話す店主の領野さん

「女性の美と健康をサポートしていきたい」と話す店主の領野さん

  •  
  •  

 宇部市西岐波に7月20日、エステサロン「Private salon Rew(ルウ)」(TEL 080-8982-3563)がオープンした。

約8畳の部屋をサロンスペースに営業する

 日本バストケア協会(大阪市)が認定する「バストケアアドバイザー」資格を取得した領野智子さんが、約8畳の自宅一室をサロンとして営業する。女性専用の予約制で、フェイシャルエステとバストケアに力を入れる。

[広告]

 領野さんはこれまで30年間、会社員生活を送ってきたが、元々美容好きで「自分のやりたいことに取り組める環境が整った」ことから1年半前に退社。開業へ向けて「バストケアアドバイザー」資格を取得したほか、「ダイエットアドバイザー」「ファスティングカウンセラー」やエステティシャンなどの資格を取得して準備に取り組んできた。

 コンセプトは「健康と美の追求」。フェイシャルエステは、「主にマダム世代へ向けて、年齢肌を考えた内容で、ビタミン成分を含んだスキンケアでターンオーバーを促す」と領野さん。バストケアは、20~30代の女性をターゲットに、こりやむくみ、乾燥の解消のほか、「解剖学に基づいて、バストアップや形を整えることを目指す」という。施術は機械を使わずオールハンドで行う。施術料金はそれぞれ60分=1万円。

 領野さん「バストケアに着目したのは、ハンド施術のサロンが近隣にないことや悩みの相談ができない人も多いと感じた経験があったから。大人の女性は肌や体の悩みが多い。私もそれが分かる世代だからこそ、健康的に美しく過ごせるためのサポートができれば」と話す。

 「たくさんのことを勉強しながらも、自分の今後をどうしようと悩んだこともあったが、家族の後押しがあり開業することができた。安心してお越しいただき、自分自身の美について考えるきっかけになれば」とも。

 営業時間は10時~19時。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ