見る・遊ぶ

おのだサンパークで「スマイルハロウィン・パーティー」 プロジェクションマッピングも

9月12日に行った「プロジェクションマッピング」投影リハーサルの様子

9月12日に行った「プロジェクションマッピング」投影リハーサルの様子

  •  
  •  

 10月から始まった「スマイルハロウィンさんようおのだ2019」のメインイベント「スマイルハロウィン・パーティー」が10月20日、おのだサンパーク(山陽小野田市中川6)で開かれる。

仮装の手本を示す市シティセールス課の皆さん

 当日は、オレンジやハロウィーンをテーマにしたステージショーや「名産品マルシェ」、参加型の「仮装パレード&コンテスト」(パレードは当日参加可能)や「かぼちゃのランタンづくり」(1,000円、先着100人)などを行う。フェラーリやランボルギーニなど20台以上が並ぶ「スーパーカーミーティング」も華を添える。

[広告]

 目玉企画の「プロジェクションマッピング」(19時20分~)は、山陽小野田市出身の長州藩士・来嶋又兵衛をイメージしたキャラクター「イケメン又兵衛」が登場し、市の観光名所や特産品を伝える映像を壁面や正面階段に投影する。

 官民一体で組織する実行委員会「スタジオ・スマイル」は現在、市内各所にのぼり旗を掲げ、オリジナルソング「さんハロへGO!」でイベントをPRしている。山陽小野田市シティセールス課の竹森和貴さんは「全世代が楽しめるイベントだが、中でも『まちづくりへの関心が低かった20代以下の若者』に参加してもらい、観光・交流の風土を定着させたい」と話す。

 10月31日までの期間は「スマイル・オレンジフェア」と銘打ち、市内の参加事業者100社以上がハロウィーン装飾を店内外に施したり、限定メニューや特典を提供したりとハロウィーン仕様で盛り上げる。

 竹森さんは「市内を移動していると参加店のディスプレーや旗が目にとまり、ハロウィーンムードが感じられる。『山陽小野田はどんな街なのか』を市内外に発信し、若い世代が『地元の新しい自慢』と感じられるイベントにしたい。当日は仮装して楽しんでもらえれば」と呼び掛ける。

 開催時間は14時~20時。雨天決行、荒天中止。問い合わせは市シティセールス課(TEL 0836-82-1241)まで。

  • はてなブックマークに追加