天気予報

28

22

みん経トピックス

山陽小野田にブックカフェ宇部で「地酒×フレンチ」

宇部・中央に居酒屋「クラヒロ」 同エリアの居酒屋2号店、「大人」コンセプトに

宇部・中央に居酒屋「クラヒロ」 同エリアの居酒屋2号店、「大人」コンセプトに

宇部・中央町の居酒屋「クラヒロ」

写真を拡大 地図を拡大

 宇部・中央町に1月7日、居酒屋「KURAHIRO(くらひろ)」(宇部市中央町3、TEL 0836-34-6920)がオープンした。

当日仕入れた鮮魚の「刺し盛り」

 同エリアで28年間営業を続けてきた居酒屋「酒と肴 くらよし」(上町1)の初の2号店となる同店。場所は、ダイニング「リシュール」跡。魚料理をメーンにする本店同様に、旬の魚を使った和洋のメニューを提供する。

 店舗面積は約20坪。カウンター6席、テーブル席40席。「こだわった食材と酒を楽しんでほしい」という思いを込め、「大人の居酒屋」をコンセプトに据えた。構想期間は1年間。

 おかみの倉田伊津子さんは「これまで和食を中心にしてきたが、洋を交えた料理が提供できる体制が整ったことや当店の若手スタッフを盛り上げるため、これまでとは違う角度の店として出店を決めた」話す。

 メニューは、その日に入る魚の刺し身約20種類(780円~)や宮崎牛を使った「イチボ網焼きステーキ」(1,800円)、「サザエイタリア焼き」(1,380円)、「カニクリームコロッケ」(880円)や「地鶏のクリームリゾット」(1,200円)など豊富に用意する。

 アルコール類は、日本酒(650円~)や焼酎(450円~)を中心にビール(500円)やハイボール、カクテル(以上450円)など約90種類をそろえる。ターゲットは家族連れや会社利用など幅広いシーンを想定する。

 「本店に負けないような、明るく活気のある店にしていきたい。メニューにない料理のリクエストにもできる限り応え、型にはまらないスタイルでやっていきたい」と意気込む店長の溝口翔さん。

 倉田さんは「ここまで四半世紀の間、営業を続けてこられたのは私たちだけの力ではなかった。これからも人と人のつながりを大切に、末広がりになっていけば」とほほ笑む。

 営業時間は17時30分~23時。日曜定休。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

フォトフラッシュ

美祢・美東町の温泉旅館「天宿の杜 桂月」の露天風呂。同旅館の温泉はアルカリ性が高く、「美肌の湯」と呼ばれている。オーナーの山口弘幸さんは「硫黄の匂いがする温泉は県内で珍しく、入浴すると癒やされる。私自身も強い魅力を感じ、気に入っている」と話す。今回のリニューアルでは劣化が見受けられた露天風呂、サウナを改修した。
[拡大写真] [関連記事]

アクセスランキング