見る・遊ぶ

山口情報芸術センターで「爆音映画祭」-大音響で14作品上映

「爆音映画祭」オープニング作品の「バック・トゥ・ザ・フューチャー」

「爆音映画祭」オープニング作品の「バック・トゥ・ザ・フューチャー」

  •  
  •  

 山口情報芸術センター(YCAM=山口市中園町、TEL 083-901-2222)で9月19日~21日・23日、「YCAM爆音映画祭2014」が開催される。

好評を得た昨年夏の「爆音映画祭」の様子

 音楽ライブ用の音響セッティングを使い大音響の中で映画を鑑賞する同イベント。昨年夏に同館で初めて実施したところ好評を得たことから今年も開催する。

[広告]

 オープニング作品は、1985年公開の「バック・トゥ・ザ・フューチャー」(アメリカ)。4日間に渡って、「ファイト・クラブ」(1999年・アメリカ)や「ブルース・ブラザーズ」(1980年・アメリカ)のほか、山口出身の吉開菜央さんが監督を務めた「ほったまるびより」など14作品を上映する。20日には吉開さんと「螺旋銀河」の草野なつか監督が来場する。

 最終日はクロージングイベントとして「無声映画ライブ上映」を実施。音楽家の渡邊琢磨さんを招き、サイレント映画「幌馬車」(1923年・アメリカ)を上映し、スクリーンに合わせて渡邊さんが即興でピアノ演奏する。

 同館広報担当の青柳桃子さんは「今回は、メジャーな映画から地元出身監督の作品まで幅広くそろえた。ただ大音響で上映するだけでなく、それぞれの映画に最適な音量で上映するほか、シーンによっても細やかな音量調整をしていく。いつもよりも音に着目してもらえれば」と来場を呼び掛ける。

 入場料は1作品券=1,300円、3作品券=3,000円。上映スケジュールなどは同館ホームページで確認できる。

  • はてなブックマークに追加