フォトフラッシュ

各専門家が話し合い個別の療育計画を立てる

発達障がいや自閉症、アスペルガー症候群などの傾向を早期発見し、医療機関と連携して早期治療、早期訓練を目指す。センター内には小児科医や臨床心理士、作業療法士、言語聴覚士、保育士、管理栄養士などの専門家がそろう

  •  
  •  

医療法人社団「平成会」(山陽小野田市日の出2)が4月1日、山陽小野田・美祢エリアで初となる福祉型の児童発達支援施設「こども発達支援センター とことこ」(山陽小野田市桜2、TEL 0836-39-5507)をJR厚狭駅新幹線口近くに開いた。

  • はてなブックマークに追加