食べる

宇部・厚南に居酒屋「串ごっちん」 24歳男性、串焼き料理メインに開業

「若いパワーで頑張りたい」と店主の大谷さん(左)と井野勇太さん

「若いパワーで頑張りたい」と店主の大谷さん(左)と井野勇太さん

  •  

 宇部・厚南に9月22日、串焼き居酒屋「串ごっちん」(西宇部南2、TEL 0836-39-7717)がオープンした。

JR宇部駅近くの居酒屋「串ごっちん」外観

 店を開いたのは、山陽小野田出身の大谷映岩(しんご)さん(24)。これまで約8年間、地元のホテルや飲食店などの厨房(ちゅうぼう)で経験を積み「25歳までに自分の店を持つ」という思いをかなえて開業。素材が楽しめる串焼き料理をメインに提供する。

[広告]

 店舗面積は約20坪。店内は座敷席とカウンター席に分けて配置し、座敷席は26席、カウンター席は大型のテレビモニターを設置して、モニターが見えるようにテーブルを2列にして14席を設ける。

 メニューは、焼き鳥メニューの「ぼんじり」や「もも」(以上150円)、「ネギ塩牛タン」(400円)などのほか、魚介を使った「鮭(さけ)のもと焼き」(250円)、「鯛の汐(しお)焼き」(200円)、「ホタテバター」(300円)など。

 そのほか、一品メニューには「ゴマサバ」(800円)や「エビマヨ」(480円)、「ビーフステーキ」(980円)などをそろえ、約40種類を提供する。

 アルコール類は、生ビール(480円)や「ごっちんレモンサワー」(420円)、ハイボール(430円~)、焼酎(420円)など約50種類をそろえる。客単価は3,000円~3,500円を見込む。

 大谷さんは「料理の幅はこれからまだまだ広げていきたい。できるだけ安く提供できて、何度も通ってもらえるように串焼きを提供することにした。今後は旬の食材も準備したい」と話す。

 「5年前に目標を決め、1年前から出店準備を進めてきた。店名は僕のあだ名から。若さをパワーに、地元の方に愛されて親しんでいただける店にしていきたい」とも。

 営業時間は17時~24時(金曜・土曜は翌3時まで)。水曜定休。

ピックアップ