買う

山陽小野田・須恵に生花店「ルミエ」 宇部から移転、5周年の節目に

「私のアレンジが『かわいい』と言われたときが一番うれしい」と店主の松岡さん

「私のアレンジが『かわいい』と言われたときが一番うれしい」と店主の松岡さん

  •  

 山陽小野田市須恵の閑静な住宅街に10月23日、生花店「Flowershop Lemie(ルミエ)」(TEL 090-1356-9761)が移転オープンした。

松岡さんが手作りするインテリア雑貨「白樺スティック」

 生花をメインに、ドライフラワーや雑貨を扱うショップとして、宇部市新天町で2013年11月から営業してきた同店。今回の移転は5周年に合わせたもので、須恵小学校近くの民家を改装して開いた。

[広告]

 店舗面積は約9坪。イエローのイメージカラーやコンセプトはそのままに、バラやカーネーションなど定番の生花のほか、今の季節には「センニチコウ」や「ギンギツネ」などナチュラルな雰囲気の花々を約20種類そろえる。

 そのほか、店主の松岡美恵子さんが手作りするドライフラワーや花のインテリア雑貨、アクセサリーなども販売する。アレンジメントは1,000円~、ブーケやドライフラワーは500円~用意する。

 オープンからの5年間で、店内での「フラワーアレンジレッスン」やマルシェイベントへの出店、毎年夏には花が毎日受け取れるイベント「魔法の花びん」などを行い、精力的に周知に取り組んできた松岡さん。

 「一般のお客さまの贈り物の利用はもちろん、お花の先生の利用のほか美容院やレストランでのディスプレーに求められることも多く、縁の広がりを感じた5年だった」とこれまでを振り返りながらも、「移転に不安はない。これまで通りの気持ち」と笑顔を見せる。

 「お客さまの気持ちに寄り添い、要望にお応えすることを一番にやってきた。これからも、花のことが気軽に相談できる店として変わらずに愛していただけるように努めたい」と話す。

 営業時間は10時30分~18時30分。木曜・日曜定休。