学ぶ・知る

宇部・銀天街でアートプロジェクト 美術家と市民の交流の場へ

銀天街の多世代交流スペース

銀天街の多世代交流スペース

  •  

 宇部・銀天街で今秋、アーティスト滞在型の美術制作プロジェクト「日常劇場 All the world's a stage」が行われる。

 来年の秋に開催される「第28回UBEビエンナーレ」(現代日本彫刻展)の一環。同展に新設された「アーティスト・イン・レジデンス」部門の中の中心市街地での事業として、市内に作家が滞在し、市民と交流しながら作品を作り上げる。

[広告]

 UBEビエンナーレ推進課・学芸員の佐藤麻由さんは「『UBEビエンナーレ』は彫刻だけではないアートイベントとしてリニューアルする。市民の皆さんに積極的に参加していただき、アートを身近に感じてもらいたい」と話す。

 滞在する作家は、茨城県取手市在住の現代美術家・葛谷允宏さん。10月・11月のうち、30日間ほど滞在し、市内を散策して情報収集を行い、地元の人たちへのインタビューや触れ合いから着想を得て、市民参加型の「市街劇」の制作に取り組むという。

 佐藤さんは「葛谷さんが生み出す、地元と融合して体現する制作活動を楽しみにしてもらえれば」と期待する。

 問い合わせは、宇部市UBEビエンナーレ推進課(TEL 0836-51-7282)まで。

ピックアップ

ピックアップ