食べる

宇部・山陽小野田の酒販店「太陽」もボジョレ販売-ペットボトル入り人気に

「リカースペース太陽 神原店」の曽根尚店長

「リカースペース太陽 神原店」の曽根尚店長

  •  
  •  

 ボジョレ・ヌーボーが全国一斉に解禁された11月17日、宇部・山陽小野田を中心に展開する酒販店「リカースペース太陽」(本社=山陽小野田市平成)は特設コーナーで販売を始めた。

ペットボトルに入ったボジョレ・ヌーボー

 同店が取り扱うのは「ジョルジュ・デュブッフ社」「テロワール・ド・ブリー」「ローランス・ダネル」「ルイ・ジャド」など15種類。ペットボトル入り商品「ボジョレ・ヌーボーPET」(JLカルソン社、1,298円)や「ボジョレ・ヴィラージュヌーボーPET」(1,398円)も扱う。

[広告]

 ペットボトル入りワインは、重量が軽く輸送コストが抑えられることもあって低価格で販売している。昨年は解禁日から1週間で600本以上を売り上げており、今年は前年対比120%増で仕入れたという。

 解禁されてすぐに味わったという同店商品開発部の谷岡努さん。今年のワインについて、「今年はブドウの開花が早く夏の日照時間が長かったので良質な酸味を感じるものになっている。渋みが少なく飲みやすかった」と評した。

 営業部の水野秀和さんは「ボジョレ・ヌーボーは話題性が高いので、普段ワインを飲まない方も購入しており、予約の時点で完売した商品もある」と話す。「次回の入荷予定は12月なのでお早めに」とも。

 営業時間は9時30分~21時。

  • はてなブックマークに追加

ピックアップ