見る・遊ぶ

宇部にスポーツサイクル専門店「ヒロシゲ」 柳井の老舗自転車店、初の2号店

「スポーツバイクの楽しさを広めていきたい」と弘重社長(右)

「スポーツバイクの楽しさを広めていきたい」と弘重社長(右)

  •  
  •  

 宇部・神原に4月19日、スポーツサイクル専門店「CYCLING SALON HIROSHIGE(サイクリングサロン ヒロシゲ)」(宇部市神原町1、TEL 0836-38-8401)がオープンした。

宇部中央高校ほど近くの「ヒロシゲ」外観

 今年創業110周年を迎えた、老舗自転車店「ヒロシゲ」が直営する同店。柳井市に本店を構え、これまで県東部エリアを商圏に営業してきたが、販路や商圏の拡大を見据えて初となる2号店を宇部に出店した。

[広告]

 店舗面積は45坪。店内は黒とグレーでスタイリッシュにまとめ、利用客とのコミュニケーションに注力しようと、カウンター4席とテーブル席4席のサロンスペースを設けた。

 取り扱うのは、クロスバイク、マウンテンバイク、ロードレーサ、キッズバイクで、常時50台を展示販売する。そのほか、ホイールやグローブ、ウェアやサドル、ボトルホルダーや部品などもそろえる。

 宇部への進出について、同社の弘重公朗社長は「宇部から柳井までお越しになるお客さまがいらっしゃったことから、需要があるエリアだとは感じていた。スタッフがそろったことなどから、昨年の秋に出店を決めた」と話す。宇部を中心に、山口市や防府市、山陽小野田市などの隣市を商圏にし、30代~40代の男性客をメインターゲットにする。

 「バイクのメンテナンスはもちろん、本店が人と人との出会いの場になっているように、宇部でも縁を大切にしていきたい。サイクリング人口が増えている今、多くの人にスポーツサイクルの魅力や楽しさを伝えていきたい」と弘重社長。

 営業時間は10時~19時(日曜・祝日は18時まで)。月曜定休。

  • はてなブックマークに追加